0

おしゃれな一人暮らし・ワンルームの間仕切りに!おすすめ韓国風仕切りカーテン(のれん)のご紹介


インテリア雑貨セレクトショップのlaure studioです。

今回は、ワンルームや小さなお部屋のDIYにおすすめのアイテムをご紹介いたします。
一人暮らしでワンルームに住まわれている方で、お部屋の仕切りがないことに不満を感じる方は多いのではないでしょうか。
そんなお悩みを解消できるのが仕切りカーテン(のれん)です。 

仕切りカーテン(のれん)とは?

仕切りカーテンとは、部屋空間の仕切りをしてくれるアイテムです。
ワンルームなどの仕切りがないお部屋でも、仕切りカーテンを設置すればメリハリのあるお部屋にすることができます。

 

仕切りカーテンのメリット

仕切りカーテンを設置するメリットは様々あります。

・料理の匂いが寝室などに広まりにくくなる
キッチンと寝室の間に仕切りカーテンを設置すれば、調理の際に発生する匂いを仕切りカーテンがガードし、寝室まで広まりにくくしてくれます。

・玄関から室内が見えなくなりプライバシーを確保できる
宅配便などを受け取る際、玄関から室内全体が見られてしまうのは少しいやですよね。
ドアと部屋の間に仕切りカーテンを設置すれば、そんなお悩みも解決でき、プライバシーを確保することができます。

・エアコンなどによる温度調節がしやすい
ドアの隙間から入ってくる冷気や熱気量は案外多いものです。
ドアとお部屋の間に仕切りカーテンを設置すれば、冷気や熱気がお部屋に入りにくくしてくれます。
また、温度調節する際に使用するエアコンなども効きやすくなります。

・他の間仕切りアイテムよりコストが安い
間切りアイテムとして仕切りカーテンの他に、パーテーションや、大きな家具などを設置する手段もありますが、どちらも5000円〜10000円以上のコストがかかってしまいます。
仕切りカーテンであれば、カーテンと突っ張り棒があれば取り付け可能なので、総コストは5000円以下で済ませることができます。

 

インテリアにもなる仕切りカーテン

仕切りカーテンは単にお部屋を仕切る機能だけを担うものだとお考えですか。
laure studioでは、おしゃれなお部屋作りに役立つインテリアとしての機能も担った仕切りカーテンをご用意致しました。

fabric curtain ハグ

韓国カフェのような雰囲気のイラストがプリントされた仕切りカーテン。
お部屋の間仕切りだけでなく、内装もワンランク上おしゃれにしてくれます。

涼しげでありながらも透けない素材なので、お部屋のプライバシーもしっかり保てます。

お部屋の壁やベッドのそばなどにかけて、ファブリックポスターとしてもお使いいただけます。

ご購入はこちら

 

ファブリックカーテンの取り付け方

fabric curtain ハグの取り付け方法をご紹介します。

必要なもの

-fabric curtain ハグ

-突っ張り棒 1本 (直径13mm程度のものを推奨)


取り付け方法

カーテン上部の袋縫いになっている部分に突っ張り棒を通し、壁面などに押し当てて固定すれば設置完了です。

 

 

-その他のおすすめ-

You Might Also Like...